FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想の広島の鉄道網

名前とコンセプトは思いっきり架鉄だったもののいわゆる「名ばかり」状態だったので、お金に物を言わせて路線を建設してみました。たられば100%となっております。

まずは全体図から。
広急路線図2
この5路線が新規開業路線です。青は言わずもがな「広浜線」、緑は「広島本線」、黄色は「山陽快速線」、オレンジは「芸予本線」、そして赤は「宇品線」です。
なお広浜線については以前の記事で散々触れたので今回は省きます。

【広島-山陰】
広島本線_station
描いた中では一番重要だと思っています。陰陽連絡線の広島本線です。
(こちらがあるので広浜線は正直必要ありません)
矢賀を通過したら高陽・口田を貫くように北上し、54号線に沿って吉田町の中心部に近接し、一瞬芸備線と並走して甲立を過ぎたらすぐに別れ、三次球場の脇へ抜けたら三次駅へ直行。芸備線とはクロスに交わり、布野・赤名・頓原を経て木次線と連絡する木次駅(少し南へ移設)へ。そこからは大きくS字を描いて出雲市手前から山陰本線に乗り入れて、米子を目指します。
特急列車名はもちろん「ちどり」です。

【広島-備後】
山陽快速線_station1
山陽快速線_station3
足元を固める観点では最重要路線です。
現行の山陽本線のバイパス線として建設した山陽快速線です。快速・特急・貨物列車はすべてこちらを経由させ、海田市―瀬野-本郷の現行ルートは各駅停車のみが通るローカル線として別線扱いにし、更に白市-本郷は利用者数が少ないので日中は2両編成の電車のピストン、あるいは気動車による運行とします。
快速線の大きな特徴は3つ。熊野を経由すること、セノハチを経由することなく西条へ到達すること、そして広島空港へのアクセス鉄道も兼ねていること。広島空港―本郷は高低差が大きいのでループ線になっています。
高低差を是正するため空港駅は地下駅、本郷駅は高架駅で建設します。本郷の少し東で山陽本線と合流して三原へ向かいます。三原以東は線形が良いので特に手は加えません。

【広島―四国】
芸予海道線_station
個人的に四国連絡はあまり重要性を感じていませんが、考えるのはタダなので造ってみました。
上記の山陽快速線の新矢野駅(既存の矢野駅を少し海田市側へ移設)から分岐して、坂・呉を経て海底トンネルで三津浜まで一気に貫きます。なお呉線部分は全区間複線化および線形改良を行っています(下画像)。それに伴い水尻・かるが浜・川原石は廃止(上図に呉ポートピアを書き忘れてますが生きてます)。
芸予本線2
瀬戸内海の多島美を堪能するためには瀬戸大橋のように橋梁にしたいところですが、それだと恐らく建設費が3兆円規模になる(瀬戸大橋が1兆円強)ので海底トンネルを採用しました。こちらなら6000億もあれば十分建設可能です。
まぁ現実問題、四国へ渡るまではいかないまでも、呉線の高速化・複線化は推し進めるべきだと思います。呉市の試算では現行ルートでの全線複線化が200億円ですので、頑張ればできなくもない計画です。呉市は複線化に前向きですが、悲しい哉、金欠で実施できないのが実情です。

【広島駅―中心部】
宇品線_station (2)
最後は広島市の中心部・紙八を経て宇品港へ至る新・宇品線です。こちらは地下線で建設しています。
駅間が短いので他都市の市営地下鉄レベルです。広島駅の少し東で各線からの連絡線を分岐させ、地下ホームに引き込み、バスセンターや路面電車に頼らずとも紙屋町・大手町エリアにアクセスできるようになっています。
(ただし特急列車の乗り入れは広島中央駅まで)

こんな感じで、バブルのテンションで建設してみましたがいかがでしょうか。
個人的には重複になりますが広島本線は建設すべきだと思っています。行政はバスで需要をさばき切れて満足していますが、やはりバスで連絡しているのと鉄道で連絡しているのとでは拠点性において越えられない壁が存在すると思っています。現広島市長・県知事とも財政健全化を謳って当選されたため建設費の莫大さはうとましいでしょうが、広島の末永い発展の為にも、鉄道による陰陽連絡も視野に入れていただきたいと思います。
(尾道松江線を建設するお金が有ったら、広島本線は余裕で建設できるんですけどねェ…)

この記事へのコメント

プロフィール

カナデ

Author:カナデ
性 別:♂
取扱車:Nゲージ
趣 味:鉄道
出身地:お好み焼き県

鉄道模型の工作日記や、駅の改良工事実況などなど、鉄道関係に特化した内容にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。