スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻の広浜線

〔※画像の差し替えと、追記部分(赤文字)があります〕
さて、先日の可部線延伸の記事で広浜線(今福線)について触れたので、調子に乗って記事にしたいと思います。
ちょっと画像が荒いですが、原画像は重くてアップできないのでご容赦ください。

広浜線はもともと私鉄の広浜鉄道が建設を目指していた路線で、国鉄に買収されて可部線となりました。
その後両側から順次建設が進められ、島根県側は佐野まで路盤が完成しますがそこで太平洋戦争が勃発し工事は中断。戦後にだんだん物資が手に入るようになると、昭和44年に可部線が三段峡まで延伸、同年に鉄道公団の発案で島根県側は全く新しい新ルートを建設することになりました。俗に言う今福新線です。
新線は浜田からなるべく直線で建設するルートが採用され、現在の浜田市金城町佐野と同町今福地区、丸原地区において工事が行われました。しかし今度は国鉄の大赤字による国鉄再建法のあおりを受け、総延長2㎞ほどが造られただけで工事は中断。その後建設を引き継ぐ第三セクターも現れず、今福線の全通は幻と消えました。

旧線は1年ぐらい前に巡っていますが、正直これが開通してもスピードが出しにくいため、陰陽連絡に大した期待はできなかったと思います。そこで新線に目が向くわけですが、公団の計画では「広島ー浜田を89㎞で結び、ルートの80%をトンネルで建設する」となっています。
鉄道廃線跡を歩くⅤ(JTBキャンブックス)によると、浜田ー三段峡の距離は54㎞強ですので、三段峡ー広島は35㎞で結ぶことになります。
今福新線
(画像:浜田ー三段峡のルート。丁度54㎞)

しかし既に開通していた可部線は山裾に沿って敷設されているため営業キロが60㎞余りあり計算が合いませんので、既存区間についても新線へルート変更する計画であったことが容易にうかがえます。
グーグルアースの機能を使って35㎞程度で三段峡ー広島を結べそうなルートを探したところ、こうなりました。
広浜線完成形.ー駅jpg
(画像:三段峡以南の予想ルート。ただし戸河内以南の駅は便宜上設定したもので計画には記されていません)

戸河内駅までは既存ルートを通ってそこからほぼまっすぐ広島を目指し、太田川放水路橋梁の三滝側で可部線と合流させてみました。架鉄初心者が線を引いたようなバカみたいなルートですが、これでちょうど35㎞ですので、多少の違いは有れど、ほぼこの形で建設することになっていたと思います。こうして見ると、逆に三段峡以北がえらく遠回りしてるように見えますね。芸北ー旭町は直行しても良かったのでは?と思ってしまいます。
(追記:徳田~石見今福は当初直行ルートが練られていましたが、旭町の誘致活動によって迂回したものでした)
このルートのトンネル区間の総延長は約65.78㎞で比率は74%ですので、意外ですが概ね合ってるかもしれません。

公団の計画では新線がこのルートで実現していたらノンストップ特急で広島ー浜田が55分。この規格の路線をキハ189など最近の特急車両が走っていれば途中駅の1つ(三段峡や戸河内など)くらい停車してももう少し縮まるかも知れません。さらに浜田でスイッチバックをすれば松江・米子方面にも行け、スーパーおき/スーパーまつかぜの所要時間で考えると広島~松江を約2時間半、広島~米子を約3時間で結べますので、広島の陰陽連絡鉄道の要になっていたかもしれません。少なくとも浜田道は存在していなかったでしょう。

ちなみに廃止区間との位置関係はこのようになっています。
広浜線+可部旧線
いかに遠回りしていたかがわかりますね。これではどうあっても廃線の運命は避けられなかったと思います。仮に廃線までいかなかったにしても、木次線や三江線のような大幅な合理化が行われていたことでしょう。


【追記】
図書館で当時の関連資料を調べたところ、大雑把な概略図ではありますが、三段峡以南のルートについて私の予想を裏付けるものを発見しました。
CIMG8451.jpg
(画像:「中国地区経済総合調査-今福線建設に関連して-」より「鉄道要図」)

やはり戸河内から広島まで直行するルートを計画していたようです。これが完成していれば、広島~米子を芸備線・木次線を経由して結ぶ場合(所要:310分)に比べて、約120分の大幅短縮ができて190分で結ぶことができる試算になっていました。ただし走行距離で言えば芸備・木次経由より長くなりますので、運賃が500円高くなってしまいます。でも500円+特急料金を追加するだけで2時間も短縮できるなら安いものですよね(笑)

この記事へのコメント

- わけわかめ - 2013年02月08日 18:33:57

初コメです。
いつも拝見させていただいてます。

母が、安野駅付近の出身で、
母の祖母の家は橋山にあるようです。

もし、橋山から真っ直ぐ加計、安野を経て、
さらに真っ直ぐ横川まで行った場合、
どのようになるのでしょうか。

できれば、検証していただけますか?

- 小五郎 - 2013年02月07日 18:00:17

今最後の画像を見てて思ったんですけど可部線と芸備線を接続したら立派(?)な広島環状線が完成してますねw芸備線がほぼ直角で曲がっているところで接続するのです。これが実現していたら高陽→東京で言う中野・可部→東京で言う八王子市みたいな感じで市の山が無い部分ほとんどが栄えていたでしょうねwでも先ずは広島駅から放射状に線路を作らないとww

プロフィール

カナデ

Author:カナデ
性 別:♂
取扱車:Nゲージ
趣 味:鉄道
出身地:お好み焼き県

鉄道模型の工作日記や、駅の改良工事実況などなど、鉄道関係に特化した内容にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。